兄弟の借金、相続しなくちゃいけないの?

学生の兄弟男女のイラスト大人になれば、嫌でも考えなくてはいけない問題があります。
それはお金の問題です。
特に年齢を重ねれば重ねるほど、考えなくてはいけなくなるのが相続の問題です。
借金やローンは、生きていく上で誰にでも付き物ですが例えば兄弟が多額の借金を残したままなくなってしまった場合には残された兄弟に相続する義務、支払う義務があるのでしょうか?

小さい頃は同じ家に住み、仲良くしていたとしても大人になれば連絡もほとんど取らない、お盆やお正月の年に数回会う程度という人もいるかと思います。
大人になっても仲良くいい関係を築いていたとしても、貯金がいくらあって負債はいくらかなんて細かいお金の事まで把握している人は少ないと思います。

もしも兄弟が突然亡くなり、多額の借金があった場合。
兄弟に子供がいるのなら、相続は子供になります。
きちんと相続人になるなどなくなる前に約束などを交わしていない限り、兄弟が借金を相続をしなくてはいけないという決まりは一切ありません。
もしも相続人になっていたとしても、相続人になって3ヶ月以内であれば相続放棄も可能です。
もしも相続人になって欲しいと兄弟に言われた場合には、借金の有無や財産など聞きにくいような細かい部分もしっかり聞いておかないと後からトラブルになりかねませんので注意してください。