返済は金利に消えて元金には変化なし

財布をみて悲しむ男性私の日々の苦痛は毎日の生活のなかでお金が無いことでした。
徐々に精神的に追い詰められていき、初めてカードローンとキャッシングを使ってしまったのは24歳の時。
先輩の話をきいて、すぐ返せばいいんだという軽い気持ちで2万円キャッシングしたのが悪夢のスタートでした。

足を運べば簡単に機械から出てくるお金。
人を介していない為なにも罪悪感もなく、それに甘えて毎月のように少額のキャッシングを繰り返してしまっていました。
気づいた時にはカードの限度額はいっぱいに。
毎月の返済額も増えて、更にお金は足りず別のカード会社からのキャッシング。
カードローンも利用し、それを繰り返していく自転車操業でした。
毎月の給料の大半は返済に消えていきました。

キャッシングとカードローンをした金額には高金利で利子がつき日々少しずつ総額を増やしていきます。
毎月の支払う返済は金利に消えて元金はほぼ変化ない状態が2年続きました。
キャッシングとカードローンの総額を目の当たりにし現実を見た時には、完済の目処もたたず先輩や友人にも恥ずかしくて相談出来ずただただ苦痛の日々でした。

26歳になり友人や後輩が結婚をしたり、マイホームを購入したりという話を聞いたり、結婚式に参加をさせてもらった時には自分は今後の人生をどうしていくんだろうという大きな不安と、過去の自分はどうしてあんな馬鹿なことをしたのかとゆう罪悪感が襲ってきました。
現状を打破する為にはとゆうことで相談を決意して、最終的には両親に相談し、借金の全額を立て替えてもらい今は両親に借金の返済をしています。カードローンとキャッシングは2度としません。

カード会社から現在も定期的に電話があったりダイレクトメールがきます。
金利優遇であったりキャッシング如何ですか、という連絡です。
高額な金利を払ってくれる上客として登録されてしまっている自分に定期的に腹が立ちます。

カードローンの手軽さの落とし穴

羽が生えて飛んでいくお札カードローンに手を出す前は、借金というものは絶対にしたくない考えでしたが、どうしても車を持たないといけない状況になり車購入が必要になりました。
一括購入できる余裕はないため、仕方なく借りることを検討。
銀行系のオートローンを考えましたが、仕事が忙しく平日に銀行に行けない事や、もし生活に必要なお金が発生した際にも使えると考えて思い切ってカードローンを利用する事にしました。

ただ、カードローンを利用してから、いつでもコンビニで簡単に借りられるため金遣いが荒くなり、少しお金に対して麻痺してしまいました。
また、返済方式がリボルビング方式のため、返済しても再び借りてしまう連鎖を繰り返し常に毎月利息分だけ払っていく時間が続き、なかなか元金が減らなかったです。
それどころか元金が増えていく始末で最後には限度額まで達してしまいました。

そのため、カードローン利用に対して後悔した事もあります。
でも冠婚葬祭で急な出費が発生してしまった時にはとても役に立ちました。
インターネットで契約できて手続きを行えた事や、気持ちに余裕をもたせてくれたという点では良かったと思います。

しかし、やはり銀行系のオートローンの方が必要な金額だけ借りて金利も安いという事も考えると、カードローンは失敗だったと思っています。
特にリボルビングによる返済は減りません。

前倒しで支払えばいいと思っていてもカードローンの手軽さに負けてしまいます。
思い切ったのはいいですが、よく考えて行動すべきでした。。

信販系ローンと銀行系ローンの組み合わせ

雨漏りする家私の住む家のリビングとキッチンまわりをリフォームしました。
私は一人暮らしで配偶者なしなので、年収は一般家庭よりかなり少ないです。
最初は、お金を貯めてからリフォームしようと思ってましたが、数年過ぎましたが全然たまりません。
このままでは、きっと無理かな?と思ってました。

そんな時ふと…リフォームローンというものがあるではないか…これを利用すれば何とかなるかも?と思いました。
それから、すぐに行動です。
リフォームの会社に連絡してすぐ家にきてもらって見積もりをしてもらいました。

しかし、わたしの予想を超えて超高い金額を提示されてびっくり。
でもこれ以上リフォームを遅らせることも心配だったので、仕方がないので信販関係でローンを申し込みました。
しかし、なんと全額で契約することができないとのこと…。

なぜかは教えてくれませんが、いろいろと調べてみたところ、たぶん収入の総量規制対象ということで年収の1/3しか契約できないという規約に引っかかってしまったのだと思います。

でもどうしてもあとすこしお金が必要でした。
そこで、総量規制が関係ない銀行系カードローンも合わせて申し込んでみたところ、不安でしたが大丈夫でした。
おかげでわたしはなんとかリフォームを終えることができました。
銀行系ローンは、金利がかなりお安く設定されてるので、おすすめだと思います。

借入の決断は時間をかけ過ぎて後悔することはない

¥マークを描いた袋借入し、返済し終わった今思うことは借入をするかどうかは時間をかけて考えるべきだということです。
逆に言うと、考える時間があるのなら借入するほどには困っていないということなので安易に借入すべきでないと思います。
私は貯金が僅かながらあるにも関わらす、貯金を崩すという行為が嫌で安易に借入という方法を選びました。

今から思うと貯金を全額崩せば支払えたことなので借入などする必要はなかったと思うのですが当時は貯金が全てなくなるという不安から、毎月しっかり返済すればよいという安易な考えで借入を決めました。
初めての借入でしたがインターネットで情報収集したので、手間取ることなく簡単に借入することができました。
有名なところなら大丈夫だろうという考えからアコムを利用しましたが、この行動も結局よかったのかどうかわかりません。

カードローンは返済金額や返済日など各会社によって異なります。
毎月の返済額が多いけれど元金もしっかり減らさせる会社もあれば、毎月の返済額を利息を含めた最低金額にすることで元金を減らしにくくし、長く返済させようとする会社もあるのです。
利息はお金を借りるために支払っているものなので利息だけ返済しても元金は当然減ることはありません。
当たり前ですが元金が減らなければ利息も減らないので常に利息を会社に支払続けることになります。

返済していく過程でなかなか減らない元金をみて、だんだんとストレスを感じ借入という方法を選んだことを後悔しました。
アコムが悪かったわけではありません。
確かに借入した時は貯金を崩さなくて済んだという事実に安堵していたのでその時はそれでよかったのだと思います。

けれど、借入しなくてもよかったお金を気持ちの問題で借入したために、貯金できたかもしれないお金が利息として消えていくという事実、そして周囲に内緒で借入しているという現実とが重なり強いストレスを感じるようになりました。

その後、なんとか返済することができましたが、借入するという決断をする時は時間をかけるべきで、更に時間をかける余裕があるのなら借入するまでには追い詰められていないということなので、更に時間をかけて決断すべきというのが私の経験からの教訓です。
借入という決断をするのに時間はかけ過ぎるということはないと思うのです。

アコムから借りてみて良かった点悪かった点

アコムを利用したきっかけは、生活費が足りなくなってきて、その状況が長く続き精神的にゆとりが無くなってしまったからです。
借りたお金と分かっていても口座にある程度のお金が貯まっていると心に余裕ができて安心できます。
お金が無い状況から抜け出したいという一心でアコムを利用してみました。

実際、精神的には心が軽くなり口座を見てみても毎月カツカツだった時に比べて毎日が明るくなった気がします。
また、友達からの急な遊びの誘いや、アパートの更新料などの急な出費がきてもアコムのおかげで乗り切る事ができて利用して良かったと感じています。

しかし、悪かった点もあります。
借りたお金は使わずに余裕ができてきたらすぐに全額返済しようと思っていました。
それっきり借りずに終わりにすれば何の問題もないという正直軽い気持ちで借りました。
やはり口座にお金があると、軽い気持ちで物を買ってしまったりお金の使い方が荒くなってきた気がします。

また、返済しなくてはと気負ってしまい逆に心に余裕がなくなってしまったり、借金をしてしまったなど友達や彼女には情けなくて言えないので一人で抱え込んでしまったりします。
挙げ句の果てには少しでも早く返さなくてはとギャンブルをしてしまい逆に借金を増やしてしまいました。

借金の返済は長い期間を考えて少しづつ返さなくては絶対に返済しきれないという事に改めて気づきました。
借金は無駄に使わずににコツコツ返していく事のできる精神的に強い人が借りるものであって、余裕ができたからといって不毛な事に使ってしまう精神的に弱い人が借りては絶対にいけないと自分は思いました。

ゼミ、実習、教材費、部費、遠征費でカードローン

グローブの中に入ったボール私はカードローンを利用限度額内で何かと利用しています。
私の場合は毎年ですが、春頃になると固定資産税、自動車税2台分、大学の授業料、高校の教材費・部費、車の車検がある年は車検代等、支払いが一気に押し寄せてきます。

支払い額が数十万から100万円近いときもあり、はっきりいってかなりキツイです。
今は特に大学2年生と高校1年生の子供がいて、大学ではゼミやら実習等お金がかかり、また高校は進学校で、さらにお金のかかる野球部に入っていますので教材費、部費・遠征費と笑うしかないくらいお金がかかります。

毎月少しずつ貯めてはいますが、間に合うわけは無く、不足分はカードローンの枠内から借入しています。
今は一番お金がかかる教育費がかなり負担になっていますが、子供達の為だと思い頑張っています。

カードローンは限度額を決めて、その範囲内でいつでも、何処でも引き出しできるし、返済もできる。
さらに、スマホやパソコンから24時間対応可能なのが非常に便利です。
また急な出費にもすぐ対応できるのですごく助かっています。

子供達が独り立ちするのももう少し先なので、今後もカードローン様にはたいへんお世話になると思います。
ただ便利に甘えて借りすぎないよう、きちんと計画を立てて利用しないといけないですね。

貯めるポイントを絞って支払いをまとめる

飛行機クレジットカードで買い物をする理由の一つに、『ポイント』があると思います。
今では、多くのポイントがあり、一体どのポイントを貯めればよいのか迷ってしまったなんて経験ってどなたでも一度はあると思います。

どのポイントを貯めて行けば良いのか?
これは、みなさん個人個人状況や生活スタイルが違うので一概にこのポイントが良いとは言えませんが、ご自身の生活を振り返ってみて、実際によく利用するポイント、よく見かける、またはよく耳にするポイントが何なのかを整理してみて下さい。

また、現在ポイントは特に貯めてないという方は、趣味や嗜好に合うポイントがないかを考えてみて下さい。
私の場合、毎年家族で南国へ旅行に行きたいので、航空会社の『マイル』が貯まる事を中心にクレジットカードを選定しています。

国内の航空会社ですと、大手2社が有名です。
当初は両社ともマイルが貯められるようにそれぞれクレジットカードを持っていましたが、なかなか思うように貯まって行きませんでした。
そこで、数年前に思い切って貯めるマイルを1社に絞りました。

選定の理由は、普段の生活で使用しても『マイル』が貯まって行く事、提携先が多い事、を基準に選びました。
具体的には、普段の生活で発生する支払(光熱費・携帯料金・通信費・ETCカードによる高速料金等)をまとめる事で、
今までよりも多くの『マイル』が貯まって行く事
鉄道会社と提携していて定期購入や鉄道料金を支払っても『マイル』が貯まる事
大手スーパーと提携していて、生鮮食品や生活必需品を購入しても『マイル』が貯まる事
また、家族カードも作れてメインカード同様に『マイル』が貯まる事

これらが大きな要因になりました。
今では、生活費の殆どが『マイル』へと変わって貯まっていきます。
家族の支払いをまとめる事で、年間1万マイル以上貯める事も十分可能です。
子供が小さい内は旅行に行く回数も限られますが、そんな時は、貯まったマイルを大手通販サイトのギフト券に交換して
買い物も楽しめます。

みなさんも、ご自信にとって有益と思えるポイントに絞って貯めると
年間で思いのほかポイントが貯まるかもしれませんよ。

金利で選ぶなら消費者金融系よりも銀行系カードローン!

カードの入った財布カードローンと一言でまとめても、銀行系や消費者金融系そしてキャッシング枠ありのクレジットカードがあります。
やはり、多くの方が選ぶポイントとしては金利の低いものです。かつて金利が問題となり、出資法と利息制限法の金利差で生じたグレーゾーン金利がありましたが、グレーゾーン以外にも利息が増える原因は存在します。
そのため、カードローンを契約するのであれば、先ず第1のポイントして金利が利息制限法の最低金利15%以下がになるローンサービスを選ぶことになります。

第2のポイントとしては、公式ホームページなどで掲載する利息シミュレーションを活用することが良いです。
基本的には元本スライド方式を謳っているものの、元本が減っているのにも関わらず毎月の利息が同じである場合があります。
金利だけを注目していると意外にこのポイントを見落とすこととなり、将来的に発生する過払い金が多くなります。

そのため、過払い金を如何に生じさせない、または少なくするかは契約前の調査が重要となります。
さて、カードローンは実際のところ、銀行系よりも消費者金融系の方が多いです。
消費者金融はあくまで営利団体なので銀行系カードローンよりも金利が高くなっています。
銀行の場合、資産運用や企業の預入金や契約者貯蓄を運用し、利益の確保と分配を行っているため、金利を低く出来ます。

しかし、銀行系の場合は審査に時間が掛かるなどのデメリットがありますが、今ではインターネットを利用したサービスがあります。
銀行法が適用されている銀行は金利も比較的低く、貸金業法が適用されないため融資金額も高くなる可能性があるので、迷っている方はインターネットで契約することをオススメします。

初めてのカードローンにおける手続きについて

6種類の小銭の写真1人暮らしを始め、生活費に困っている状況の時に、東京三菱のバンクイックの存在を知りました。
初めてのカードローンでしたが、最寄りの東京三菱UFJ銀行に専用窓口があり、テレビ電話で親切に教えてもらえたので安心して進められました。
手続きも約30分ほどで終わり、カードも即日発行されて、とてもスピーディーで助かりました。

金利も14.6%以下となりますので他社よりも低く、メガバンクとなりますので信頼性も高いです。
返済方法も、東京三菱UFJのATM・コンビニのATMから返済する事が出来ます。
返済期日を過ぎてしまった場合、東京三菱UFJ銀行から携帯電話に連絡が来るため、忘れたまま返済金額が増額している等の心配もありません。

まとめるとメリットは以下内容となります。
1、即日発行の為、30分ほどの手続きでお金を借りれる。
2、金利が14.6%以下と安い。
3、メガバンクの信頼性がある。
4、返済方法がATMから入金出来るため、手軽。

借りたお金を返していくのは大変ですが、東京三菱UFJが用意したバンクイックのホームページにて、返済シュミレーションをする事が出来ます。
このシュミレーションを活用して、返済計画を立てる事が出来るのも助かりますね。

カードローンは貯金が底をついたときに頼りになります。

両手で一万円札を持つカードローンは、貯金が底をついたときに頼りになります。
クレジットカードを使って支払いを先延ばしにする方法もありますが、何でもカードで支払うというわけにはいきません。
現金が必要な場面はいつやってくるか分からないので、そういうときのためにカードローンを使ってお金を借りておいた方が無難です。

カードローンは、担保なし保証人なしで申し込みが出来ます。
申し込み時には、本人確認書類が必要になります。
本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートのことです。

消費者金融のカードローンなら街中や駅の近くに自動契約機が設置してあることが多いので、外出先でお金に困った時でもお金を借りることが出来ます。
自動契約機を使って申し込みをして、審査に通過するとその場でカードが発行されて、発行されたカードは、併設されてあるATMですぐに使うことができます。
自動契約機だけでなく、コンビニATMを使ってお金を引き出すことも可能。

カードローンで借りたお金は、利息をつけて返す必要があります。
毎月少しずつ返済していく分割返済が一般的ですが、借りたお金を一度に全て返す一括返済も可能です。
コンビニATMを使って返済することが出来ます。
コンビニATMなら利用時間に制限がないので、365日24時間いつでも返済することが出来て便利です。