キャッシングの審査に在籍確認は必須?

会社で電話対応するサラリーマン
キャッシングを利用しようと思ってるけど、審査に不安がある。
特に会社に在籍確認って、必ずあるものなんだろうか?
もしも嫌な上司が電話を取ってしまったら・・・?
会社にキャッシングを申し込んだこと、バレたくないのに!と心配になってはいませんか?

会社勤めをしている方がキャッシングを申し込む上で一番心配なのが、この在籍確認。
審査の際に、本当にこの会社に努めて仕事をしているのか在籍しているのかを確認することをいいます。
主に電話で確認することがほとんどですが、その際にキャッシング会社の名前は言ったりはしません。
だいたいが、担当者が苗字だけ名乗って電話してきます。
キャッシング会社の名前を名乗って、電話してくることなんてありません。

でも、もしも面倒な上司が在籍確認の電話を取ってしまったら?
後で何を言われるかわからない。
お金に困っているとか、変な噂でもたてられたらどうしよう。
申し込まないほうがいいのでは?
心配し出したらキリがありません。

しかし在籍確認って、必ず行わなければいけないものなんでしょうか?
実は、インターネットでキャッシングの申し込みができるようになってから電話で在籍確認をする事もかなり減りました。
源泉徴収票などの収入証明を確認することで、勤めている会社も明記されているのでわかりますよね。
電話で在籍確認をする代わりに、そういった書類で確認するのです。

ただ、全てのキャッシング会社が必ずしも書類で在籍確認をしているというわけではありません。
どうしても在籍確認の電話が嫌なのであれば、申し込もうとしているキャッシング会社の情報をネットで調べたりコールセンターなどで事前に確認しておくなどしておくと安心です。