カード引落口座と給与口座は同じにしましょう。

驚く男性以前、急にお金が必要になって、キャッシングをしたのですが、キャッシング返済できず、延滞を起こしました。
その延滞を2回起こしたため、銀行からの住宅ローン融資の審査が通らない等のペナルティを私は受けています。

私の場合は、クレジットカードの引落口座と給与を振り込まれる口座を別で設定しています。
そのため、引落口座の残高が足りなくなったら、チャージするようなことを定期的に行います。
仕事が忙しくて、その確認作業を滞ってしまいました。

暫く放置していると、知らない電話番号で1ヶ月の間に2~3回ぐらいかかってきます。
無視していたのですが、またまた電話にとったらクレジットカード会社からの電話番号でした。
残念ながら時すでに遅しで、延滞発生で信用情報に延滞している旨を記載されました。

信用情報は個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報が記載されており、いくつかの団体が信用情報を管理しているものです。
現在、住宅ローン融資で必ず延滞を指摘され、普通の方よりも融資条件が厳しくなり、延滞の情報が消えるまで待たなくてはならない状態です。はっきり期限はわかりませんが、5年くらいと聞いたことがあります。

このことで得た校訓があります。
・そもそも、キャッシングしないで済むように、金融機関の利用時間は押さえること。(ゴールデンウイーク・土日祝日、年末年始等)
・急に仕事が忙しくなってもいいように、クレジットカードの引落口座と給与口座は一緒にすること。
・知らない電話番号でも、一応出ること(非通知なら無視でもいいと思います)。

キャッシングの金額に問わず、気を付けておくべき内容だと思います。