キャッシング会社選びは特徴を押さえる

電話する男性キャッシングを初めて利用する時、どういう判断をしてどこを見れば良いかは悩むものです。
なので一つの判断基準として、一社目限定で審査が通り易いところを選ぶことをお勧めします。

例えば学生の場合、毎月の収入が7万円あって年収が約80万円だとします。
キャッシングの場合は年収の3分の1までしか貸してはいけない法律があるので、この人に貸せるのは10万円単位で数えると20万円までです。
しかし、学生であり収入源もアルバイトなので、この学生がいつアルバイトを辞めてしまうかわかりませんし、そうでなくても収入が減ってしまう可能性があります。
なのでキャッシング会社は、最初は借入限度額を10万円に設定することが多いです。

では、10万円の融資を受けられたとして、もしそれ以上の融資を受けたい場合はどうしましょうか。
現在借りているキャッシング会社に増額の申し込みをして審査が通れば問題ありませんが、通らなかった場合、その時はもう一社から融資を受けることになります。
ちなみに増額よりも他社から借りる方が簡単だという私の経験談があります。

もしこのように最終的に二社から融資を受けることになった場合、一社目を借りる段階ではまだどこからも融資を受けていないので多少審査の厳しいところでも通る可能性は十分あります。
しかしながら二社目を申し込む時に審査が厳しいところに申し込むと、審査通貨が難しいかもしれません。

一社目に申し込みをする時にお勧めなのは、アコムです。
何故ならはじめてのアコム、キャッシング初心者には寛大な審査をしてくれますが、既にキャッシング経験があったり今現在他社から借入をしている状況ですと、少し話が変わってきます。
つまり一社目として選ぶのなら審査は通りやすいですが、二社目以降にアコムを選ぶのは少々難しいということです。

そこで二社目、ここでお勧めするのはプロミスです。私自身プロミスには大分お世話になりましたが、初回の審査も増額の申し込みもかなりあっさり終わった印象があります。
プロミスに融資を受けた時の私は既に他社から借入をしていましたが、そんな状況でも申し込み時に収入を自己申告し、在籍確認もなく給料明細を提出するだけで審査が終わりました。

要は特徴を抑えるということです。アコムは一社目特化、プロミスは万能型みたいな感じで言えば、どこのキャッシング会社を何社目にすれば良いかわかりやすいと思います。
ちなみに注意点ですが、キャッシング会社を複数利用する時、三社利用でグレーゾーン、四社利用でブラックとよく言われます。

四社利用すると今後の人生の中で、ローンが組めなかったりクレジットカードが作れなかったりと何かと問題が生じる可能性があるので、利用するとしても三社までにしておきましょう。