カードローンの手軽さの落とし穴

羽が生えて飛んでいくお札カードローンに手を出す前は、借金というものは絶対にしたくない考えでしたが、どうしても車を持たないといけない状況になり車購入が必要になりました。
一括購入できる余裕はないため、仕方なく借りることを検討。
銀行系のオートローンを考えましたが、仕事が忙しく平日に銀行に行けない事や、もし生活に必要なお金が発生した際にも使えると考えて思い切ってカードローンを利用する事にしました。

ただ、カードローンを利用してから、いつでもコンビニで簡単に借りられるため金遣いが荒くなり、少しお金に対して麻痺してしまいました。
また、返済方式がリボルビング方式のため、返済しても再び借りてしまう連鎖を繰り返し常に毎月利息分だけ払っていく時間が続き、なかなか元金が減らなかったです。
それどころか元金が増えていく始末で最後には限度額まで達してしまいました。

そのため、カードローン利用に対して後悔した事もあります。
でも冠婚葬祭で急な出費が発生してしまった時にはとても役に立ちました。
インターネットで契約できて手続きを行えた事や、気持ちに余裕をもたせてくれたという点では良かったと思います。

しかし、やはり銀行系のオートローンの方が必要な金額だけ借りて金利も安いという事も考えると、カードローンは失敗だったと思っています。
特にリボルビングによる返済は減りません。

前倒しで支払えばいいと思っていてもカードローンの手軽さに負けてしまいます。
思い切ったのはいいですが、よく考えて行動すべきでした。。