借入の決断は時間をかけ過ぎて後悔することはない

¥マークを描いた袋借入し、返済し終わった今思うことは借入をするかどうかは時間をかけて考えるべきだということです。
逆に言うと、考える時間があるのなら借入するほどには困っていないということなので安易に借入すべきでないと思います。
私は貯金が僅かながらあるにも関わらす、貯金を崩すという行為が嫌で安易に借入という方法を選びました。

今から思うと貯金を全額崩せば支払えたことなので借入などする必要はなかったと思うのですが当時は貯金が全てなくなるという不安から、毎月しっかり返済すればよいという安易な考えで借入を決めました。
初めての借入でしたがインターネットで情報収集したので、手間取ることなく簡単に借入することができました。
有名なところなら大丈夫だろうという考えからアコムを利用しましたが、この行動も結局よかったのかどうかわかりません。

カードローンは返済金額や返済日など各会社によって異なります。
毎月の返済額が多いけれど元金もしっかり減らさせる会社もあれば、毎月の返済額を利息を含めた最低金額にすることで元金を減らしにくくし、長く返済させようとする会社もあるのです。
利息はお金を借りるために支払っているものなので利息だけ返済しても元金は当然減ることはありません。
当たり前ですが元金が減らなければ利息も減らないので常に利息を会社に支払続けることになります。

返済していく過程でなかなか減らない元金をみて、だんだんとストレスを感じ借入という方法を選んだことを後悔しました。
アコムが悪かったわけではありません。
確かに借入した時は貯金を崩さなくて済んだという事実に安堵していたのでその時はそれでよかったのだと思います。

けれど、借入しなくてもよかったお金を気持ちの問題で借入したために、貯金できたかもしれないお金が利息として消えていくという事実、そして周囲に内緒で借入しているという現実とが重なり強いストレスを感じるようになりました。

その後、なんとか返済することができましたが、借入するという決断をする時は時間をかけるべきで、更に時間をかける余裕があるのなら借入するまでには追い詰められていないということなので、更に時間をかけて決断すべきというのが私の経験からの教訓です。
借入という決断をするのに時間はかけ過ぎるということはないと思うのです。