金利で選ぶなら消費者金融系よりも銀行系カードローン!

カードの入った財布カードローンと一言でまとめても、銀行系や消費者金融系そしてキャッシング枠ありのクレジットカードがあります。
やはり、多くの方が選ぶポイントとしては金利の低いものです。かつて金利が問題となり、出資法と利息制限法の金利差で生じたグレーゾーン金利がありましたが、グレーゾーン以外にも利息が増える原因は存在します。
そのため、カードローンを契約するのであれば、先ず第1のポイントして金利が利息制限法の最低金利15%以下がになるローンサービスを選ぶことになります。

第2のポイントとしては、公式ホームページなどで掲載する利息シミュレーションを活用することが良いです。
基本的には元本スライド方式を謳っているものの、元本が減っているのにも関わらず毎月の利息が同じである場合があります。
金利だけを注目していると意外にこのポイントを見落とすこととなり、将来的に発生する過払い金が多くなります。

そのため、過払い金を如何に生じさせない、または少なくするかは契約前の調査が重要となります。
さて、カードローンは実際のところ、銀行系よりも消費者金融系の方が多いです。
消費者金融はあくまで営利団体なので銀行系カードローンよりも金利が高くなっています。
銀行の場合、資産運用や企業の預入金や契約者貯蓄を運用し、利益の確保と分配を行っているため、金利を低く出来ます。

しかし、銀行系の場合は審査に時間が掛かるなどのデメリットがありますが、今ではインターネットを利用したサービスがあります。
銀行法が適用されている銀行は金利も比較的低く、貸金業法が適用されないため融資金額も高くなる可能性があるので、迷っている方はインターネットで契約することをオススメします。