カードローンは貯金が底をついたときに頼りになります。

両手で一万円札を持つカードローンは、貯金が底をついたときに頼りになります。
クレジットカードを使って支払いを先延ばしにする方法もありますが、何でもカードで支払うというわけにはいきません。
現金が必要な場面はいつやってくるか分からないので、そういうときのためにカードローンを使ってお金を借りておいた方が無難です。

カードローンは、担保なし保証人なしで申し込みが出来ます。
申し込み時には、本人確認書類が必要になります。
本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートのことです。

消費者金融のカードローンなら街中や駅の近くに自動契約機が設置してあることが多いので、外出先でお金に困った時でもお金を借りることが出来ます。
自動契約機を使って申し込みをして、審査に通過するとその場でカードが発行されて、発行されたカードは、併設されてあるATMですぐに使うことができます。
自動契約機だけでなく、コンビニATMを使ってお金を引き出すことも可能。

カードローンで借りたお金は、利息をつけて返す必要があります。
毎月少しずつ返済していく分割返済が一般的ですが、借りたお金を一度に全て返す一括返済も可能です。
コンビニATMを使って返済することが出来ます。
コンビニATMなら利用時間に制限がないので、365日24時間いつでも返済することが出来て便利です。