目的ごとの利息が合理的に設定されているものがよいです

黒板に書かれた数学問題色々な目的でローンが必要になります。

娯楽や物の購入などの我慢できるものについては生活に必ずしも必要ということでないので利息はある程度高い方が、安易に借りる気持ちを抑えられるのではないかと思います。
しかし教育・住宅など生活するうえで必要なものについては、高い教育を経ることで子供が将来高収入の職につけたり、あこがれのマイホームのためという、はっきりした目標があります。
そのため「借金をしてでも投資と考えて、長期間に渡ってでも将来きちんと返す」との選択になるため、利息を低くして借りやすくなっていることが重要と考えています。

従って私はこのような目的の場合、銀行系のカードローンを中心に見て探すことにしています。
その他の場合、私はカードローンやキャッシングをしないよう、できる限りキャッシング機能を付けないもしくは低額に設定するようにしています。

とはいえ生活の中で急に迫られて必要になることがあるかもしれません。
その時の最後の手段としてカードローンを使うことも選択肢となるわけですが、この場合は「○○日間以内無利息」という種類のローンを選ぶつもりです。

借りるということは必ず返さなければならないということ。
カードローン会社にとって私は家族でもなんでもないただの他人です。
利息もなしに他人が「ある程度の期間内に返せるならば利息は取らない」というのは非常にありがたいことではないかと考えるからです。

そしてこのように返済期限の縛りがはっきりしていれば、なんとしてでもその期間内に返済しようという気持ちになると考えています。