カードローンの利用をしての体験談

交通事故の罰金私は、車の事故の罰金支払いの為、銀行カードローンを利用しました。
その際、銀行からは月一万円の支払いで良いと聞きました。
あとは、返せる時に少し多めに返したりとかも可能と言われ、実際に月一万円の支払いをしていましたが、利息がプラスされて1万千円付いていました。

その結果毎月支払いをしていても減るどころか、増える一方。
それからは、月2万円くらいで返済をしていますが、なかなか借金は減っていきません。
私自身、お金を借りた時約1年で半分くらい返済が終わる予定でしたが、全然半分もいかずとても苦労しました。

どこで借りても利息はありますが、流石に利息が高すぎるのではないか?と疑問に思いました。
特に行動に移すこともなく約3年近くかかり、すべて返し終えることが出来ました。
借りた当時、私が若かったこともあり、知識が無かったことも、安易に借りた原因です。

お金を万が一借りることになった時は、利息なども含め自分にあったキャッシングやカードローンを探して、利用を決めることが大切です。
そうすることで、返済目処をある程度立てることもでき、損をしたり苦労する分が多少減るのではないかと感じました。
あとは、知人や利用経験者からの声を聞いてどこがいいのかを見極めることも大切ですね。

会社によって違う年利や利率

クレジットカードカードローンやキャッシングの会社を選ぶ際のポイントとなります。
まず会社によって年利や利率が若干違うということは頭に入れておく必要があります。
そして借り入れできる額がどれくらいあるのかというのは、気になるところだと思います。

借り入れできる額というのは、本人の借入可能額として一般的に年収の1/3までの額が総量規制法という法律で定められているのです。
例えば年収600万円の人がカードローンやキャッシングで借り入れをしようとすると約200万円の借入可能額があるということです。
あくまで目安ですので必ず200万円しか借りられないというわけではありません。

そしてこの総量規制法というものが会社によって対象となるものかそうでないかと分かれます。
総量規制法の対象となるのが消費者金融のカードローンです。
レイクやアイフル、アコムなどです。逆に総量規制法の対象外となるものが銀行のカードローンです。
三井住友銀行、みずほ銀行など銀行と名のつくカードローンはだいたい総量規制法対象外となります。

銀行カードローンは資金面が大きいこともあり借入可能額が消費者金融カードローンに比べてはるかに大きいので借り入れの際にはひとつ検討しても良いと思います。
しかし総量規制対象外だからといって必ず多く借り入れが出来るという保証はありません。