しっかりとした返済計画をたてよう!

封筒からお金を出す手急な出費などでキャッシングやカードローンを利用することがあると思いますが、キャッシングする際には、必ず契約書を確認する必要があります。
また返済計画もしっかりたてなければなりません。
例えば50万円を借りると、年利18%ならば月々の返済額は1万円から1万5千円ぐらいになると思います。
その金額を確実に返済しないといけません。

また、返済期日もありますので必ず確認をしてください。
会社によりますが、月の返済も10日前ぐらいから受け付けていると思うので、給料日がきたら真っ先に返済をした方が良いと思います。
どうしても借りる時は簡単ですが、返す時はいい加減になる傾向がありますので、しっかりと月々の収支を考えることも重要です。

また、余裕がある際は月々の返済金額よりも多く返済することにより、金利や返済期間も短くなり返済総額を少なくすることもできます。
返済をして、またすぐに借りるなどをすることは借金がいつまでも続き、返済期間も長くなり返済総額もかなりの額になります。
キャッシングは非常にありがたいものですが、返済が滞るとこれからの生活に支障をきたします。
返済に追われることは精神的にも負担がかかります。
しっかりと返済計画をたてることが大切です。

自転車操業状態になってしまった話

悩む男性最初にクレジットカードで、キャッシングをしたのは10万程度で、一括払いでのキャッシングをしました。
次の月の月末払いにして、すぐに返せると最初は思っていたのですが、次の月も返すことができず、キャッシングをしてお金を返すことに。
自転車操業状態です。
手数料、金利を払っていかなければなりません。

そして次の月もと、積み重なっていきついには限度額いっぱいになってしまいました。
非常につらかったです。
最終的には積み立てていた生命保険の解約をして返済しました。
老後のために積み立てていたものを解約。。罪悪感でいっぱいになりました。

またキャッシングをしていると、おそらくどこかから情報が洩れているようで、知らない電話がかかってきました。
投資をしませんか、といった電話が多かったです。
カード会社はここでは書けませんが、そういった事もつらかったです。

やばいと思ったらすぐに返済ですね。
恥を承知で身内や友人借り手しまうのが一番良いかと思います。
自転車操業状態におちいると精神的苦痛もひどいので仕事も手につかなくなりました。
常に不安定が状況なので、仕事の効率も落ちていきます。
こういった経験をふまえ、今ではよっぽどの事がない限り安易にキャッシングはしないでおこうと心に誓っています。

多重債務の状態で失業したことにより債務整理

返済に悩む女性何年か前のことですが、消費者金融2社と銀行系カードローン、クレジットカードの返済を抱えていました。
理由は生活費とギャンブルです。
毎月きちんと働いていたため、返済は一度も滞ったことがない状態でしたが、ギャンブルをしているとどうしても足りなくて借り入れをしてしまうことから、返済しているのにあまり減らない、というループに陥っていました。

しかしそんなとき、会社都合により失業。
すぐにアルバイトは見つかったものの短期契約。
いくらかは手持ちのお金がありましたが、アルバイトが終われば、すぐに生活が成り立たなくなると考えました。

そこで、まずは市内にある、TVCMで有名な法律事務所へ。
しかしちょっと弁護士さんと合わず、そのときは契約を見送りました。
そこから約1か月後、弁護士会を通じて、再度、無料相談を申し込みました。
今度は市内にある小さな弁護士事務所でした。

そこの弁護士さんが非常に親身になって話を聞いてくださり、対策を考えてさらには励ましてくれました。
信頼できそうと感じ、契約。
最初は自己破産予定でしたが最終的には任意整理になり、過払い金を差し引いた額を月々返済しています。
返済額は、月8万円から4万円にダウンしました。

そのタイミングでギャンブルも辞めました。
すぐに仕事も決まり、なんとかきちんと返済できています。
弁護士さんを選んだ決め手は、会ってみて「信頼できそうか」という部分です。
月の返済額も減り、かなり楽になりました。

もっと早く債務整理するべきだった、というのが唯一の反省点です。
債務整理してよかったと感じています。

私は借金でこんなにも苦しんだ。

借金に怯える男性とにかく毎日借金のことで頭がいっぱいになります。
それこそ寝ても冷めても。
朝起きた瞬間から「今月の返済どうしよう」とか考えてしまうわけです。
定期的な収入も少なく、月収の半分以上が返済で消えてしまうようなところまで追い詰められてしまっている状況なのです。

そうなると日々の生活にも大きな影響を及ぼし、何と言っても生活の選択肢が少なくなっていきます。
百均での買い物すら躊躇してしまうようになります。
もちろん遊びに行く余裕もないので、友人知人からの誘いも断らざるを得なくなります。
別にお金がなくても付き合いは出来るのかもしれませんが、もうその時点で自分に対する自信とか自尊心のようなものは粉々になっているので、劣等感から閉じこもり気味になってしまいます。

自分の体験を振り返ってみるとこれが一番辛かったです。
自分の世界がどんどん狭くなっていってしまい、袋小路に追い込まれたような気分になり、その結果塞ぎこみがちになって自暴自棄になるという悪循環から抜け出せなくなっていました。
こうなると何をするにも無気力になり仕事もはかどらず、さらに返済に困るということになります。
どこかでこの悪循環を断ち切らないといけないのですがなかなか難しいところです