大好きな彼の為に借金しました。

卵かけごはん現在、借金返済の真っ只中です。
当時私はパートの掛け持ちをしており、月収は平均18万程度ありました。
お付き合いをしている彼は、仕事は真面目にしているのですがギャンブルで借金を作り、借金返済の為に借金をする繰り返しで、1,300万円にもなってしまいました。
少しでも協力したくて始めは私の収入から毎月5万円程渡していました。

ですがある日、両親共に大病を患いパートを1つにしなくてはいけなくなりました。
その中で渡せる金額は3万円程度に減ってしまい、頑張って返している彼を見捨てられず私自身も借金をする事にしました。
私が借入した会社は月額1万円の支払いで良かったので最高額借入し、それでもまだまだ足りず、あと一つ違う会社からも借入をしており、現在まだまだ返済中です。

つい先日は、苦しいね、もう終わりたいね、死んだら楽になるかな。
なんて話を私がし、その時は彼が馬鹿な事を言うな。
と思い留まらせてくれましたが、1週間後には彼が同じような事を言い、私は彼が死ぬなら一緒に死ぬから、と言って思い留まらせるという事がありました。

とにかく2人で頑張って返そうと、彼は大好きなギャンブルを我慢しており、タバコももがきながら辞めました。
私はまだパートを1つしか出来ない状況ではありますが、知り合いの飲み屋さんに少しだけでも働かせて欲しいとお願いし、月に5日程働かせて貰っています。
そして少しでも足しになればとネットで出来るお小遣い稼ぎサイトをいくつも登録し毎日数百円を頑張って稼いでいます。

簡単に借りられるが故に、借りた感がない。

ATMに挿入するカード借りる前に考えたのは、どの会社が一番利率が低いか・返済方法の変更が可能かということでした。
また、自分の収入に合わせて毎月どれだけ返済に充てられるか考えましたが、キャッシングのほとんどは一括返済か、リボ払い式の返済だったので、私の場合は毎月5000円ずつ3ヶ月ほど返済し、残りを思い切って一括で返済しました。

ただ、思い切って返済してしまったので、それから半年くらいは食費もままならない状態になってしまいました。
返済プランは各会社優しいものでしたが、とにかく早く返さなければ!延滞したら大変なことになる!という焦りが借りた瞬間からありました。

ただ、キャッシュディスペンサーの前に立ってタッチパネルを操作して、お金が出てくるまではあっという間です。
こんな簡単に借りられてしまうの?と言うのが正直なところです。
だから余計に早く返さなければと焦る気持ちを持ち続けたと思います。

焦らず「毎月返すんだからいいでしょ」となっていれば、また急な出費が発生した時に何のためらいもなく再びキャッシングを利用していると思います。
低い利率も返済方法も大切ですが、一番は自分の信用を社会に売って借金をしたと言うプレッシャーを持ち続けることが、遅延なく返せる方法だと思います。

延滞せず、無事に完済するために

給料袋私は1社からカードローンの契約をしています。
私は毎月毎月延滞せず返済できるように考えていることは、夫の給料日にカードローンの毎月支払わなければならない分をもらい、別に使わないようにとっておきます。
少し余裕のあるときはいつもの返済分よりも多めにいれて、今もそれで返済し続けていて絶対に滞納にならないようにしています。

また急な冠婚葬祭や子供のミルク・おむつや予防接種などで通常以外の出費が重なって、返済用にとっておいた現金を使うことになるときもありますが、なんとか夫と物を売りに行って返済分を取り戻したり、身内で自分の子供にお小遣いをもらった時とかは その現金を使ってなんとか返済にまわして払ったりしてました。

なので今のところは滞納せず払えてます。
もしも滞納して金融関係のブラックリストに載ってしまったら、他の消費者金融からの借り入れもできなくなると思います。
自分自身にはデメリットばかりになってしまうし信用もなくなってしまいます。
日頃からどのようにすれば急な出費が起きても滞納せずに払い続けていけるのか、いろいろ考えながら無事に完済できるように頑張りたいと思っています。

目的ごとの利息が合理的に設定されているものがよいです

黒板に書かれた数学問題色々な目的でローンが必要になります。

娯楽や物の購入などの我慢できるものについては生活に必ずしも必要ということでないので利息はある程度高い方が、安易に借りる気持ちを抑えられるのではないかと思います。
しかし教育・住宅など生活するうえで必要なものについては、高い教育を経ることで子供が将来高収入の職につけたり、あこがれのマイホームのためという、はっきりした目標があります。
そのため「借金をしてでも投資と考えて、長期間に渡ってでも将来きちんと返す」との選択になるため、利息を低くして借りやすくなっていることが重要と考えています。

従って私はこのような目的の場合、銀行系のカードローンを中心に見て探すことにしています。
その他の場合、私はカードローンやキャッシングをしないよう、できる限りキャッシング機能を付けないもしくは低額に設定するようにしています。

とはいえ生活の中で急に迫られて必要になることがあるかもしれません。
その時の最後の手段としてカードローンを使うことも選択肢となるわけですが、この場合は「○○日間以内無利息」という種類のローンを選ぶつもりです。

借りるということは必ず返さなければならないということ。
カードローン会社にとって私は家族でもなんでもないただの他人です。
利息もなしに他人が「ある程度の期間内に返せるならば利息は取らない」というのは非常にありがたいことではないかと考えるからです。

そしてこのように返済期限の縛りがはっきりしていれば、なんとしてでもその期間内に返済しようという気持ちになると考えています。