おまとめローンを利用して助かりました

手でOKサインする男性アイフルを利用する以前は3社から借り入れをしていて返済をしていました。
少しまとまったお金が必要となり増額の希望をしましたが、残念ながら希望が叶わず借り入れしている会社では追加の借り入れが出来ませんでした。
しかしCMでアイフルを見て、もしかしてと思い連絡してみると審査が通りとても助かりました。
即日融資でも大丈夫だという事でしたが、少し時間を空けて契約をしました。

利用して3ヶ月程たった頃におまとめローンの話の連絡がありました。
ひとつにまとめるメリットやデメリットをしっかり確認して、おまとめローンを利用する事にしました。
計4社の借り入れをひとつにまとめた事で返済日や返済額も忘れず、遅れずに済み良かったと思います。

また契約の際に実際の契約期間・返済額通りに返済していけば、順調に行けば10年で完済出来るという見通しも確認できました。
案外見通しをたてずに無計画に借り入れ、返済をしている人が多いのではないかと思います。
私もそうでしたが、実際に後日書面でその契約内容が届いて、自分の目でいつまでにいくら返済出来るという見通しもつき、安心して利用出来ています。

嫁が子供のために買った英語教材の借金が、、、

アルファベットのクッキー少額のキャッシングやカードローンは利用しましたが、何十万という大金を借入は初めてでした。
なぜ、そんな大金を借入することになったのかと言いますと、嫁の借金がこちら側に降りかかってきたからです。

うちの家計は自分が見ているのですが、嫁には食費と子供の経費のお金を渡していました。
そこから工面してくれるなら嫁自身のお小遣いにしてくれてもいいし、好きに使ってくれと言ってありました。

あるとき、嫁は子供のためにと思っていたのでしょうが、詐欺師紛いのグループに英語教材のセットを買わされたのです。
嫁自信の名義で買ったら良いものの、俺の名前で購入した為に、借金の支払いがこちらに回ってきました。
嫁の考えでは、月々貰っているお金の範囲内でなんとか回せると思っていたそうなのですが、だんだん厳しくなり支払いが滞ってしまったのです。

自分はそんなことは知らなかったので、自分名義で請求書が来た時はビックリしました。
何ヵ月か滞納しているので、一括で払ってもらわないと裁判に持ち込みます、的なことが請求書に書いてあったので、これは大変なことになってしまったと思い、お金の工面を考えました。

なんとか一括支払い金額の貯金はあったのですが、支払ってしまうとうちの家計に貯金がなくなってしまいます。
さすがにそれは怖いので、金利が高いのであまり使いたくなかったのですが、苦渋の決断でカードローンを借りることになりました。

なんとか、英語教材の支払いを終えて、今はカードローンの返済で家計はギリギリのところを漂っています。

カード引落口座と給与口座は同じにしましょう。

驚く男性以前、急にお金が必要になって、キャッシングをしたのですが、キャッシング返済できず、延滞を起こしました。
その延滞を2回起こしたため、銀行からの住宅ローン融資の審査が通らない等のペナルティを私は受けています。

私の場合は、クレジットカードの引落口座と給与を振り込まれる口座を別で設定しています。
そのため、引落口座の残高が足りなくなったら、チャージするようなことを定期的に行います。
仕事が忙しくて、その確認作業を滞ってしまいました。

暫く放置していると、知らない電話番号で1ヶ月の間に2~3回ぐらいかかってきます。
無視していたのですが、またまた電話にとったらクレジットカード会社からの電話番号でした。
残念ながら時すでに遅しで、延滞発生で信用情報に延滞している旨を記載されました。

信用情報は個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報が記載されており、いくつかの団体が信用情報を管理しているものです。
現在、住宅ローン融資で必ず延滞を指摘され、普通の方よりも融資条件が厳しくなり、延滞の情報が消えるまで待たなくてはならない状態です。はっきり期限はわかりませんが、5年くらいと聞いたことがあります。

このことで得た校訓があります。
・そもそも、キャッシングしないで済むように、金融機関の利用時間は押さえること。(ゴールデンウイーク・土日祝日、年末年始等)
・急に仕事が忙しくなってもいいように、クレジットカードの引落口座と給与口座は一緒にすること。
・知らない電話番号でも、一応出ること(非通知なら無視でもいいと思います)。

キャッシングの金額に問わず、気を付けておくべき内容だと思います。