大学時代の借金、結婚が破談に。

破れたハート私は大学時代、親元を離れて一人暮らしをしていました。
親からの仕送りが少なく、生活費、家賃、授業料まで賄っていくことができず、夜の居酒屋でアルバイトをしていました。
夜遅くまでアルバイトをしていたため、朝起きられず授業に出席できなくなり、単位を落としてしまい、4年で卒業することができませんでした。

大学5年生からは親からの仕送りがストップしてしまい、生活がますます苦しくなり、消費者金融からお金を借りることを思いつきました。
最初は抵抗がありましたが、何もしないでお金が手に入り、おいしいものが食べられて、遊びに行けると思うと快感になってしまい、借金の額はどんどん膨れ上がりましたが、卒業して就職すれば借金は少しずつでも返済ができると思っていました。

結局8年かかって大学を卒業し就職しましたが、食費、家賃、交際費などいろいろと必要なため思うように返済はできませんでした。

そんな時、お付き合いしていた彼から結婚の話がでました。彼とは結婚したいけど借金があるため結婚はできないし、彼に借金があることなんて口が裂けても言えません。
そこで、結婚に際して親から資金援助をしてもらってそれを借金の返済に充てることを思いつきました。
しかしあまりに不自然な点が多かったため、親に借金のことがバレてしまい、結婚も破談になってしまいました。
彼からは、裏切られたの一言でした。

借金という甘い考えのせいで、結婚が破談になり、大好きだった彼を裏切ってしまい、悔やんでも悔やみきれません。
真面目に生きる、これが一番です。

キャッシング会社選びは特徴を押さえる

電話する男性キャッシングを初めて利用する時、どういう判断をしてどこを見れば良いかは悩むものです。
なので一つの判断基準として、一社目限定で審査が通り易いところを選ぶことをお勧めします。

例えば学生の場合、毎月の収入が7万円あって年収が約80万円だとします。
キャッシングの場合は年収の3分の1までしか貸してはいけない法律があるので、この人に貸せるのは10万円単位で数えると20万円までです。
しかし、学生であり収入源もアルバイトなので、この学生がいつアルバイトを辞めてしまうかわかりませんし、そうでなくても収入が減ってしまう可能性があります。
なのでキャッシング会社は、最初は借入限度額を10万円に設定することが多いです。

では、10万円の融資を受けられたとして、もしそれ以上の融資を受けたい場合はどうしましょうか。
現在借りているキャッシング会社に増額の申し込みをして審査が通れば問題ありませんが、通らなかった場合、その時はもう一社から融資を受けることになります。
ちなみに増額よりも他社から借りる方が簡単だという私の経験談があります。

もしこのように最終的に二社から融資を受けることになった場合、一社目を借りる段階ではまだどこからも融資を受けていないので多少審査の厳しいところでも通る可能性は十分あります。
しかしながら二社目を申し込む時に審査が厳しいところに申し込むと、審査通貨が難しいかもしれません。

一社目に申し込みをする時にお勧めなのは、アコムです。
何故ならはじめてのアコム、キャッシング初心者には寛大な審査をしてくれますが、既にキャッシング経験があったり今現在他社から借入をしている状況ですと、少し話が変わってきます。
つまり一社目として選ぶのなら審査は通りやすいですが、二社目以降にアコムを選ぶのは少々難しいということです。

そこで二社目、ここでお勧めするのはプロミスです。私自身プロミスには大分お世話になりましたが、初回の審査も増額の申し込みもかなりあっさり終わった印象があります。
プロミスに融資を受けた時の私は既に他社から借入をしていましたが、そんな状況でも申し込み時に収入を自己申告し、在籍確認もなく給料明細を提出するだけで審査が終わりました。

要は特徴を抑えるということです。アコムは一社目特化、プロミスは万能型みたいな感じで言えば、どこのキャッシング会社を何社目にすれば良いかわかりやすいと思います。
ちなみに注意点ですが、キャッシング会社を複数利用する時、三社利用でグレーゾーン、四社利用でブラックとよく言われます。

四社利用すると今後の人生の中で、ローンが組めなかったりクレジットカードが作れなかったりと何かと問題が生じる可能性があるので、利用するとしても三社までにしておきましょう。

返済は金利に消えて元金には変化なし

財布をみて悲しむ男性私の日々の苦痛は毎日の生活のなかでお金が無いことでした。
徐々に精神的に追い詰められていき、初めてカードローンとキャッシングを使ってしまったのは24歳の時。
先輩の話をきいて、すぐ返せばいいんだという軽い気持ちで2万円キャッシングしたのが悪夢のスタートでした。

足を運べば簡単に機械から出てくるお金。
人を介していない為なにも罪悪感もなく、それに甘えて毎月のように少額のキャッシングを繰り返してしまっていました。
気づいた時にはカードの限度額はいっぱいに。
毎月の返済額も増えて、更にお金は足りず別のカード会社からのキャッシング。
カードローンも利用し、それを繰り返していく自転車操業でした。
毎月の給料の大半は返済に消えていきました。

キャッシングとカードローンをした金額には高金利で利子がつき日々少しずつ総額を増やしていきます。
毎月の支払う返済は金利に消えて元金はほぼ変化ない状態が2年続きました。
キャッシングとカードローンの総額を目の当たりにし現実を見た時には、完済の目処もたたず先輩や友人にも恥ずかしくて相談出来ずただただ苦痛の日々でした。

26歳になり友人や後輩が結婚をしたり、マイホームを購入したりという話を聞いたり、結婚式に参加をさせてもらった時には自分は今後の人生をどうしていくんだろうという大きな不安と、過去の自分はどうしてあんな馬鹿なことをしたのかとゆう罪悪感が襲ってきました。
現状を打破する為にはとゆうことで相談を決意して、最終的には両親に相談し、借金の全額を立て替えてもらい今は両親に借金の返済をしています。カードローンとキャッシングは2度としません。

カード会社から現在も定期的に電話があったりダイレクトメールがきます。
金利優遇であったりキャッシング如何ですか、という連絡です。
高額な金利を払ってくれる上客として登録されてしまっている自分に定期的に腹が立ちます。

カードローンの手軽さの落とし穴

羽が生えて飛んでいくお札カードローンに手を出す前は、借金というものは絶対にしたくない考えでしたが、どうしても車を持たないといけない状況になり車購入が必要になりました。
一括購入できる余裕はないため、仕方なく借りることを検討。
銀行系のオートローンを考えましたが、仕事が忙しく平日に銀行に行けない事や、もし生活に必要なお金が発生した際にも使えると考えて思い切ってカードローンを利用する事にしました。

ただ、カードローンを利用してから、いつでもコンビニで簡単に借りられるため金遣いが荒くなり、少しお金に対して麻痺してしまいました。
また、返済方式がリボルビング方式のため、返済しても再び借りてしまう連鎖を繰り返し常に毎月利息分だけ払っていく時間が続き、なかなか元金が減らなかったです。
それどころか元金が増えていく始末で最後には限度額まで達してしまいました。

そのため、カードローン利用に対して後悔した事もあります。
でも冠婚葬祭で急な出費が発生してしまった時にはとても役に立ちました。
インターネットで契約できて手続きを行えた事や、気持ちに余裕をもたせてくれたという点では良かったと思います。

しかし、やはり銀行系のオートローンの方が必要な金額だけ借りて金利も安いという事も考えると、カードローンは失敗だったと思っています。
特にリボルビングによる返済は減りません。

前倒しで支払えばいいと思っていてもカードローンの手軽さに負けてしまいます。
思い切ったのはいいですが、よく考えて行動すべきでした。。