借金の一本化、審査のポイントは?

借金に悩むサラリーマンカードなどのキャッシングの会社が複数になってしまうと、毎月の支払いもめんどうになってきますよね。
そこで多くの人が考えるのが、借金の一本化です。

借金をひとつにまとめてしまえば、支払い先も一箇所だけで済むのでそれだけでも楽になります。
借金はまとめたからといって決してなくなるわけではないですが、ひとつにまとめるだけで気持ち的には楽になります。

借金の一本化ができればしたいという人は多いですが、実際に審査に通らなければどうにもなりません。
一本化の審査って厳しいんでしょうか?

借金を一本化する際の審査は、一般的には普通のキャッシングの審査よりも厳しと言われてはいます。
しかしこれは、普通のキャッシングと比べれば金額的にも大きい金額を貸すことになるので当然といえば当然かもしれません。

借金を一本化する際に、審査で普通のキャッシングとは違うところは実はひとつだけなんです。
それは他社の借り入れ件数は何件か、金額的にはいくら他社から借りているのかという部分です。
その他の勤続年数や収入などの審査のポイントは、一般的なキャッシングと大きく違いはありません。

自分が今全部で何件のキャッシング会社を利用しているのか、全部でいくらの借金があるのかをきちんと確認してみましょう。
ポイントは間違いなく正確に、嘘はつかないできちんと申し込むということです。
たとえ今回はダメだったとしても、また次があります。
もしも審査に落ちてしまったら、延滞することなく借金を返済しながらまたチャレンジしてみましょう。

カードの限度額を引き下げたい時。

表と裏のクレジットカードのイラストカードを利用していると、限度額がちょっと多すぎるかも?と引き下げることはできないかと考えることもあるかと思います。
何かあった時のために限度額は多いに越したことはないのかもしれないけど、多過ぎると使いすぎてしまいそうで心配になる人もいます。
そんなときは、カードの限度額を引き下げましょう。

カードの限度額を引き下げる。
そんなこと、自分の都合で自由にできるの?と思うかもしれませんが、実は限度額の引き下げは可能なんです。
カードの限度額というのは、カード会社が独自の審査によって決めています。
使わないのであれば、限度額の引き下げはカード会社に連絡すればOKです。
めんどくさい手続きなどもありません。

ただ注意しなくてはいけないのは、一度限度額を引き下げてしまうと再び限度額を引き上げるのには審査が必要になります。
もちろん、審査に落ちてしまう可能性もあります。
限度額を引き下げる前は〇万円まで使えたのに!と言ってもムダで、再度審査は必ず必要になります。

限度額を引き下げるのは簡単ですが、引き上げには再度審査がいるのでよく考えてから引き下げ申し込みをするようにしましょう。