借り入れの上限に達して家庭崩壊

頭を抱えて悩む男性私が始めてカードローンを借りたのが30歳のときでした。
そのころは結婚をし周りから羨ましがられる普通の幸せな家庭を築いていました。
子供が大きくなるにつれ、子供にお金がかかってきます。もちろん私の小遣いは年々ダウンで、会社の同僚や友達との付き合いでも恥をかくようになって来ました。
そこで覚えたのがキャッシングです。
今まで我慢をしていたことに対して、魔法のカードからはいくらでもお金が出てきます。
私の小遣いは当時3万円で出勤時のガソリン代込みという情けないものでした。

半年ほどすると払う当ても無く小遣いは返済のためのものに変わりました。
しかし返済をしっかりしていた私にはローン会社もどんどんと借り入れを勧めてきました。
甘い話に私は上限まで借り入れをしてしまい家庭が崩壊しました。
あのときの失敗が10年経った今も私を苦しめています。

大きくなった子供にも、会っても小遣いすらやれない情けないお父さんに・・・ 。
10年前に戻れるなら、30歳のときのあのジャッジメントをしません。

お金を借りてまで楽しむことなんて間違っていますし、こつこつためたお金で楽しむことが最大の喜びではないのでしょうか。
銀行関連全て恨みでいっぱいです。
皆様にはこのような状況には決してならないようにしてほしいです。
間違ったとしても途中で気づいてください。
途中でストップをかけることが出来ればやり直しはききます。

カードローンの利用をしての体験談

交通事故の罰金私は、車の事故の罰金支払いの為、銀行カードローンを利用しました。
その際、銀行からは月一万円の支払いで良いと聞きました。
あとは、返せる時に少し多めに返したりとかも可能と言われ、実際に月一万円の支払いをしていましたが、利息がプラスされて1万千円付いていました。

その結果毎月支払いをしていても減るどころか、増える一方。
それからは、月2万円くらいで返済をしていますが、なかなか借金は減っていきません。
私自身、お金を借りた時約1年で半分くらい返済が終わる予定でしたが、全然半分もいかずとても苦労しました。

どこで借りても利息はありますが、流石に利息が高すぎるのではないか?と疑問に思いました。
特に行動に移すこともなく約3年近くかかり、すべて返し終えることが出来ました。
借りた当時、私が若かったこともあり、知識が無かったことも、安易に借りた原因です。

お金を万が一借りることになった時は、利息なども含め自分にあったキャッシングやカードローンを探して、利用を決めることが大切です。
そうすることで、返済目処をある程度立てることもでき、損をしたり苦労する分が多少減るのではないかと感じました。
あとは、知人や利用経験者からの声を聞いてどこがいいのかを見極めることも大切ですね。

会社によって違う年利や利率

クレジットカードカードローンやキャッシングの会社を選ぶ際のポイントとなります。
まず会社によって年利や利率が若干違うということは頭に入れておく必要があります。
そして借り入れできる額がどれくらいあるのかというのは、気になるところだと思います。

借り入れできる額というのは、本人の借入可能額として一般的に年収の1/3までの額が総量規制法という法律で定められているのです。
例えば年収600万円の人がカードローンやキャッシングで借り入れをしようとすると約200万円の借入可能額があるということです。
あくまで目安ですので必ず200万円しか借りられないというわけではありません。

そしてこの総量規制法というものが会社によって対象となるものかそうでないかと分かれます。
総量規制法の対象となるのが消費者金融のカードローンです。
レイクやアイフル、アコムなどです。逆に総量規制法の対象外となるものが銀行のカードローンです。
三井住友銀行、みずほ銀行など銀行と名のつくカードローンはだいたい総量規制法対象外となります。

銀行カードローンは資金面が大きいこともあり借入可能額が消費者金融カードローンに比べてはるかに大きいので借り入れの際にはひとつ検討しても良いと思います。
しかし総量規制対象外だからといって必ず多く借り入れが出来るという保証はありません。

土俵際のキャッシングの苦悶の姿。

破産に怯える男性私は、正直なとろ多重債務者です。
そこへ持ってきて統合失調症と躁うつ病・高血圧・糖尿病・胃潰瘍を煩い全く仕事に就けない状態でした。
医師からも外部での仕事は無理といわれ細々と在宅ワークと太陽光事業・不動産事業で生活を何とかやってきました。

しかし、5年ほど前から先述の精神疾患と糖尿を患ってから医師から余命6ヶ月と幾度も宣告され自傷行為も200回以上繰り返していたそうです。
というのも私の場合の精神疾患はそのような行為をしても自分では気付いていないことが多く全く覚えていないことが多いからです。
そんなわけでローン関係は25万円と収入関係は経費や支払を差し引いて月々20万円程度の大赤字です。
必死に簡単に貸してくれる銀行を探しまくり結局のところは先述の2社かのキャッシングで生活はしていました。

しかし、ローンの支払いも滞納が数ヶ月も続くと自宅マンションといえども立ち退きをせまられました。
最終的に自宅のマンションは司法書士や弁護士と相談し任意売却することにきまり、太陽光発電の一部も業者に売却することにしました。
また、私は精神疾患を持っているため辛うじて障害厚生年金を申請しているところです。
この間法律事務所にもいきました。

そして相談すると、弁護士やその事務所の司法書士から自己破産するか死ぬかどちらかを選択しない限りこの問題の解決は無理だといわれました。
もうノイローゼになり自分が自分でなくなりキャッシングや趣味へと散財を繰り返し毎日死ぬことを辛うじて精神科の薬で阻止するのが精一杯のところで生きております。

返しても返しても終わらない永遠ループ

スロットの画面自分は今もですがその時から建設業をしていました。
まだ、20歳くらいだったので大して給料をもらえていませんでした。
そこで自分が手を出してしまったのが 消費者金融でした。
自分はパチンコやスロットが大好きで 給料だけでは足りずに消費者金融で借りることにしました。

希望金額が20万でしたが審査の結果限度額は10万円ということになりました。
ですが、その10万円もあっという間にスロットでなくなってしまいました。
その後も別の消費者金融に借りて、なくなってはまた別の消費者金融に借りるということの繰り返し。
最終的に自分は3社から合計70万円というお金を借りてしまっていました。

そこから本当の地獄が始まりました。
毎月の返済額が三社合計で35000円くらいになり、給料の少ない自分にはとても大きな金額で、そのときになって、とんでもないことをしてしまったなと気付きました。
昼の仕事だけでは足りないので、夜はバイトもして返していました。

ですが、返して元金が減っていくと、借り入れ可能額が0から徐々に増えてきて、またまとまった金額を借りれるようになりました。
そこで、バイトを辞めて、また借りてしまいました。
結局それもなくなり元通りになりました。
いつも、やってしまった後に深く後悔していました。
そのお金は、5年たった今も返しています。

無利息のキャンペーンで助かった

ご祝儀袋とお札給料日まで二週間を切ったとき、その月は税金などの支払いや友人の結婚式などが重なってしまい、一週間後に迫ったローンの支払い額が足りないことに気がついたのです。
家族や友人からお金を借りるのは嫌だったので、どうにかお金を工面しようとしましたが、支払いは五万円ほどだったのでなかなか工面することが出来ずにいました。
キャッシングに頼るしかないのかと悩みました。
キャッシングは利息がついて返済していくことが出来るのか不安だったので、出来るだけキャッシングは使わないと誓っていたのですが、そうも言ってられませんでした。

そのため、意を決してキャッシングが受けられそうな金融機関を調べてみました。
すると、そのなかに初めて利用する場合は三十日間無利息で大丈夫というキャンペーンをしている消費者金融と出会えたのです。
給料日までは二週間程だったので、これだったら損害なく利用できるかもしれないと審査をお願いしました。
すると、短時間で審査を通過することが出来、八万円借り入れることが出来たのです。おかげで無事にローンの支払いも出来、給料日までの生活費にもなりました。

給料日が来たら、すぐに全額返済に充てたのでおかげで利息は取られずに済みました。一度しか利用できないのは残念ですが、もしもの時の強い味方だと思います。

安心感か確実性か即日対応か

¥のマークカードローン会社やキャッシング業者からお金を借りたいと思ったら、どこの会社や業者が自分にとってベストなのかは誰もが気になるものです。
どこにしようか迷ってしまう時は、自分は何を重視しているのかを明確にしてから会社探しをすると良いでしょう。

たとえば私が初めてお金を借りたいと思った時は、借金に対して少し不安な気持ちがありましたので、信頼性の高い会社から借りたいと思いました。
そこで会社や業者を色々と調べた結果、やはり銀行カードローンが一番安心感が高いと判断したので申し込みました。
しかし人によっては審査落ちが心配なので、少しでも審査に通る可能性が高いことをポイントにして探す場合もあるでしょう。
そんな時にはサラリーマン金融や消費者金融などの貸金業者に申し込むのが適しています。
なぜなら貸金業者は、銀行などと比べると審査の難易度は比較的低い傾向があるからです。

また、大急ぎでその日のうちにお金を借りたいという人なら、即日審査に即日融資の即日対応を行ってくれる金融機関しか選択肢はなくなります。
そんな即日対応の会社や業者は、最近では増加傾向にありますので探すのは苦労しないことでしょう。
たとえばインターネットで「即日キャッシング」というようなキーワードで検索すれば、手頃な会社が幾つかすぐに見つかるはずです。
いずれにしても、自分が最も重視するポイントに適合する会社を見つけることが肝心です。

しっかりとした返済計画をたてよう!

封筒からお金を出す手急な出費などでキャッシングやカードローンを利用することがあると思いますが、キャッシングする際には、必ず契約書を確認する必要があります。
また返済計画もしっかりたてなければなりません。
例えば50万円を借りると、年利18%ならば月々の返済額は1万円から1万5千円ぐらいになると思います。
その金額を確実に返済しないといけません。

また、返済期日もありますので必ず確認をしてください。
会社によりますが、月の返済も10日前ぐらいから受け付けていると思うので、給料日がきたら真っ先に返済をした方が良いと思います。
どうしても借りる時は簡単ですが、返す時はいい加減になる傾向がありますので、しっかりと月々の収支を考えることも重要です。

また、余裕がある際は月々の返済金額よりも多く返済することにより、金利や返済期間も短くなり返済総額を少なくすることもできます。
返済をして、またすぐに借りるなどをすることは借金がいつまでも続き、返済期間も長くなり返済総額もかなりの額になります。
キャッシングは非常にありがたいものですが、返済が滞るとこれからの生活に支障をきたします。
返済に追われることは精神的にも負担がかかります。
しっかりと返済計画をたてることが大切です。

自転車操業状態になってしまった話

悩む男性最初にクレジットカードで、キャッシングをしたのは10万程度で、一括払いでのキャッシングをしました。
次の月の月末払いにして、すぐに返せると最初は思っていたのですが、次の月も返すことができず、キャッシングをしてお金を返すことに。
自転車操業状態です。
手数料、金利を払っていかなければなりません。

そして次の月もと、積み重なっていきついには限度額いっぱいになってしまいました。
非常につらかったです。
最終的には積み立てていた生命保険の解約をして返済しました。
老後のために積み立てていたものを解約。。罪悪感でいっぱいになりました。

またキャッシングをしていると、おそらくどこかから情報が洩れているようで、知らない電話がかかってきました。
投資をしませんか、といった電話が多かったです。
カード会社はここでは書けませんが、そういった事もつらかったです。

やばいと思ったらすぐに返済ですね。
恥を承知で身内や友人借り手しまうのが一番良いかと思います。
自転車操業状態におちいると精神的苦痛もひどいので仕事も手につかなくなりました。
常に不安定が状況なので、仕事の効率も落ちていきます。
こういった経験をふまえ、今ではよっぽどの事がない限り安易にキャッシングはしないでおこうと心に誓っています。

私は借金でこんなにも苦しんだ。

借金に怯える男性とにかく毎日借金のことで頭がいっぱいになります。
それこそ寝ても冷めても。
朝起きた瞬間から「今月の返済どうしよう」とか考えてしまうわけです。
定期的な収入も少なく、月収の半分以上が返済で消えてしまうようなところまで追い詰められてしまっている状況なのです。

そうなると日々の生活にも大きな影響を及ぼし、何と言っても生活の選択肢が少なくなっていきます。
百均での買い物すら躊躇してしまうようになります。
もちろん遊びに行く余裕もないので、友人知人からの誘いも断らざるを得なくなります。
別にお金がなくても付き合いは出来るのかもしれませんが、もうその時点で自分に対する自信とか自尊心のようなものは粉々になっているので、劣等感から閉じこもり気味になってしまいます。

自分の体験を振り返ってみるとこれが一番辛かったです。
自分の世界がどんどん狭くなっていってしまい、袋小路に追い込まれたような気分になり、その結果塞ぎこみがちになって自暴自棄になるという悪循環から抜け出せなくなっていました。
こうなると何をするにも無気力になり仕事もはかどらず、さらに返済に困るということになります。
どこかでこの悪循環を断ち切らないといけないのですがなかなか難しいところです