カードローン業者の選び方

金融会社の受付嬢カードローンを取り扱う金融業者は多くありますが、選ぶ基準として考慮したい点は、以下になります。

まずは、金利です。
業者によって開きがあるので、できるだけ安い年率の業者を選んだ方が、返済の負担が少なくなります。

銀行系のカードローンの方が金利は安いですが、利便性の面で不便な場合もあるので、総合的に判断が必要です。
借り入れする金額が少ない場合は高い年率が適用され、多い場合は安い年率が適用されます。
なので少ない金額の借り入れをする人は、最高年率に注意して選びましょう。

次が上限金額です。
消費者金融系の業者は、総量規制の対象になるので、年収の1/3を超える借り入れはできません。
対して銀行系の場合は、総量規制の対象外になりますが、年収に対して借り入れ額が大き過ぎる場合、審査に通過する確率が低くなります。

どちらにしても、無理のない範囲の借り入れに抑えるということが大切です。

最後が利便性です。
来店不要、即日融資、10秒審査等の、利用者にとってありがたいサービスです。
急いでいる人は即日融資や10秒審査が必須になりますし、近くに店舗が無い人は、来店不要だと助かります。

このようにそれぞれのメリットデメリットがあります。
また独自のキャンペーンもありますので、よく比較してみて自分に合った業者を探しましょう。

クレカの一括払い、利息は?

クレジットカードを持つ男性の手クレジットカードを初めて使う人にとって、一番気になるのはやっぱり使い方と利息だと思います。
使い方の場合、多くの人がまず疑問に思うのがクレジット一括払いにした時の利息です。
よく買い物や公共料金など、支払いをクレジット払いにするとポイントがもらえてお得だといいます。
でもその時に、利息や手数料がかかってしまうのでは?と不安に思う人が多くいます。

クレジット一括払いにした場合、利息や手数料は一切かかりません。
せっかくクレジット払いにしてポイントが付いたのに、その分手数料や利息が取られてしまったら何の意味もないですよね。
リボ払いなどの分割の支払い方法にすれば、当然利息は取られます。
しかし、一括の場合はありません。
なので、クレジット払いにするだけでお得になるということなんです。

その他にも、一括払いには良い所があります。
それは、手持ちがなくても買い物ができるという事です。
金欠で現金でも買い物は難しくても、クレジットカードでなら可能です。
次回の引き落としを忘れないようにさえしておけば、クレジットカードはとても便利なんです。

クレカ一括払いには、手数料も利息も一切かかりません。
何を買ったかをきちんと明細などで管理さえしておけば、現金で何かを買うよりもはるかに得ができます。
毎月支払っている公共料金や携帯の支払いもクレカにして、お得にポイントを貯めてみるのもいいかもしれませんよ。

クレカの使い方、海外ではどうすればいいの?

日本のパスポート海外旅行に行く予定があるから、クレジットカードに申し込んだ。
旅行のためにクレジットカードを申し込む人が、最近増えています。
特に海外で日本人はお金をたくさん持っていると思われているので、現金を買い物用にたくさん持って歩くとスリや盗難被害にあう可能性が高いです。
そういうもしもの場合のことを考えて、海外旅行の支払いにはクレジットカードを使う人がほとんどになりました。

でも海外でのクレカの使い方って、知ってますか?
日本での支払いとは、方法は全く違うものなんでしょうか?

実は私も実際に海外でクレジットカードを使うまで知らなかったんですが、海外だろうとクレジットカードの使い方は日本と変わらないんです。
支払いをしたい時に、クレジットカードを出すだけでOK!
すごく簡単ですよね。

日本で作ったクレジットカードは、海外で使う時の支払い方法がほとんどの場合が入会時に設定されているので店員さんに何回払いですか?なんて英語で話しかけられることもりません。
ごくまれにサインを求められることもあるかもしれませんが、漢字で書いてOKです。

クレジットカードは、海外であろうと使い方は基本的に変わりません。
貴重品の紛失などに注意することは忘れずに、安心して海外旅行を楽しんでください。

リボ払いの手数料

沢山のクレジットカードとお金クレジットカードで買い物をする時に、リボ払いってよく使いませんか?
毎月の支払い金額も少ないし、買い物が楽にできる。
そう思って使っている人が多いのがリボ払いです。

リボ払いは、大きいものを買った時でもカードの利用回数にも関係なく毎月ほとんど一定の金額を支払えばOKなのでお金がないときにどうしても欲しいモノがある場合には本当に便利です。
しかし、便利なだけに忘れてしまいがちになるのが手数料です。
リボ払いにも、もちろん金利手数料がかかります。

大きなものを買ったり、そんなに高くはないものをちょいちょい買い物をしてそんなに使ってはいないつもりでも総額してみると結構な金額になります。
リボ払いのいい所は毎月少ない支払い金額でOKという部分ですが、逆に毎月支払い金額が少なくていいということはその分支払いに長い期間が必要になるので金利もその分、高くなてしまうのを忘れがちになるという部分です。

これからリボ払いを利用しようと考えている人は、使う前に金利を確認する。
既に利用している人は、余裕がある時には繰り上げ返済をするなどしてなるべく金利手数料が少なく済むように工夫しながら利用しましょう。

カードの限度額を引き下げたい時。

表と裏のクレジットカードのイラストカードを利用していると、限度額がちょっと多すぎるかも?と引き下げることはできないかと考えることもあるかと思います。
何かあった時のために限度額は多いに越したことはないのかもしれないけど、多過ぎると使いすぎてしまいそうで心配になる人もいます。
そんなときは、カードの限度額を引き下げましょう。

カードの限度額を引き下げる。
そんなこと、自分の都合で自由にできるの?と思うかもしれませんが、実は限度額の引き下げは可能なんです。
カードの限度額というのは、カード会社が独自の審査によって決めています。
使わないのであれば、限度額の引き下げはカード会社に連絡すればOKです。
めんどくさい手続きなどもありません。

ただ注意しなくてはいけないのは、一度限度額を引き下げてしまうと再び限度額を引き上げるのには審査が必要になります。
もちろん、審査に落ちてしまう可能性もあります。
限度額を引き下げる前は〇万円まで使えたのに!と言ってもムダで、再度審査は必ず必要になります。

限度額を引き下げるのは簡単ですが、引き上げには再度審査がいるのでよく考えてから引き下げ申し込みをするようにしましょう。

クレカのポイントは無期限がやっぱりお得?

お財布を持ってゴキゲンな女の人イメージどうせクレジットカードを使うならお得に使いたい!
最近のクレジットカードは、昔よりもかなりお得にポイントが貯まるものは増えてきています。
その中でも、ポイントに有効期限を設けていない無期限他オプのものが人気を集めていますがポイントってやっぱり有効期限がない方がお得に貯めることができるんでしょうか?

たしかにポイントを貯めたり使うのに、無期限の方が長い期間じっくりゆっくり貯めることができて自分の好きな時に大量のポイントをまとめて使えるようになるしかなりお得!と考えると思います。

しかし、ポイントの有効期限を無期限に設定しているクレジット会社の多くはポイント還元率が低く設定されています。
少しでもお得がしたいと考えるなら、有効期限はあっても還元率が高くて本当にポイントが貯まって使うことができるクレジットの方がいいでしょう。

ただ、あまりにポイントのことばかり考えて無駄にクレジットカードを使いすぎると明細書を見て後でびっくり!なんてこともあるかも知れないので計画的に利用することは忘れずに。

キャッシングのリボ払い、一括返済にしたい時。

たくさんの一万円札キャッシングを利用する人にとって、とても便利なリボ払い。
最初はリボ払いで利用しようと支払いの際にリボ払いを選んだけど、よく考えたらやっぱり余裕があったし一括で返済してしまいたいな!と考える人もいると思います。
一度リボ払いを選んでしまったからといって、変更ができないということはありません。
そんな時は、もちろん一括返済に変更が可能です。
すぐにカード会社に連絡をしましょう。
そうすれば、簡単に支払い方法をリボ払いから一括返済に変更の手続きができます。

リボ払いは、毎月の返済金額が少なくて非常に便利だと思いますよね。
ですが毎月の支払金額が少ないということは、それだけ長い期間支払いが必要になるということです。
支払期間が長ければ長いほど、利息が多くつきます。
毎月の支払金額は少なくても、トータルで見ると支払金額は元金よりもかなり多く支払うことになるんです。

もしも払える余裕があるのなら、すぐに払ってしまったほうが総合的にはお得です。
電話でカード会社に問い合わせて、すぐに変更してもらいましょう。

毎月の支払金額がいくらかということも大事ですが、総合的に考えることも大事なので利用したときは総合的な支払金額を考えてみるようにしましょう。