経営難で人件費の支払いが困難に

図面と電卓工務店を経営している男性ですが従業員が15人足らずの小さな工務店です。
この業界に携わって行くにはお客様との関係が第一ですし、 この人でしたら仕事をお願いしても良いと思わせる自分を売り込む事から仕事が始まります。
自立をして開業をした当初は無名の状態でしたので、 飛込みをしながら仕事の受注を承っていましたが、中々仕事を頂く事が出来ずに経営は苦しい状態でした。

ですが、仕事の評価が上がる度に名前が知られる様になり、 次第に経営の方も軌道に乗り始めていくことが出来ました。
開業当時は従業員は7人だったのですが、 受注が増えて行きましたので手が回らない状態になってしまい、 従業員を最大20人まで増やすほど経営は上向きになりました。
日々忙しく大変な日々が続きましたが嬉しい悲鳴でもあり仕事がある幸せを感じていたのです。
ですが、いい事ばかりが続く事は無く徐々に経営状態は悪化をして行きました。
工務店は世の中にたくさんありますし、日本最大規模の大手建設会社もありますので、 受注が減ってしまい苦しい経営状態になりました。

最大の悩みは人件費だったのですが約20人の従業員がいましたので、 給料の支払いだけでも高額になってしまうのです。
従業員にも家庭がありますので業績の悪化は彼らの生活を苦しめてしまう事に繋がってしまいます。
初期の頃は自らの財産を処分しながら給料を払い続けていましたが、 限界に達してしまい銀行のローンを利用する事になりました。
借りたお金は300万円で月々12万円の返済で楽に返せると思い融資のお願いをしましたが、 実際には思うように事が運ばずに毎月の返済に困る日々が続きました。
所有をしていたトラックを数台売却をして返済に充てたり、 バブルの時に従業員の為の宿舎として購入をしたマンションを売却して、 やっと毎月の12万円が払えるほどだったのです。

一番の原因は従業員への人件費だったのですが、 仕事が減っていた状態では従業員を多く抱えている必要が無くなり、 申し訳なく思いながら従業員を半分に減らしました。
従業員にも家庭がありましたので再就職先を探す為に、 他の工務店へ赴いて頭を下げながら就職をさせる手続きも行いました。
返済はたったの12万円で少ないと思われると思いますが、 それ以上に出て行くお金が多い為にとても苦しい返済額なのです。

毎日苦しいやり取りの中で約2年で返済を終えることができましたが、 常に背中に十字架を背負った気持ちが毎日続き、こんなに苦しい生活はありませんでした。
経営者は軌道に乗れば大金が手に入りますし、世間一般的には成功者に見られて羨ましく思われる事があります。
しかし経営者と従業員では絶対に従業員の方が楽だと思います。
上司の言う事を聞いていれば良いのですから。
命令を出す出す経営者は責任が重く上に立つほどしんどい仕事だと痛感を致しました。

カードローンを思っていたより早く完済出来ました。

電卓とお金カードローンを利用しましたが思っていたより早く完済出来ました。
早く完済出来た理由は二つあります。
まず一つめは返済シミュレーションをしっかりしたことです。
案外借り入れの時に借りることが頭でいっぱいになってしまい、返済することを考えていない人が多いのではないでしょうか?

私はまず借り入れするときに完済するまでには、毎月どれくらい返済してどれくらいかかるのだろうとシミュレーションしました。
もちろんカードローン会社によっては、返済シミュレーションを利用出来る会社がありますので是非使ってみてください。
自分の完済出来たときの将来像も、明確に出来るだけで気持ちがグッと楽になります。
実際に私がシミュレーションした時には毎月一万円ずつの返済で三年程かかるシミュレーションをしました。

そして二つ目は返済シミュレーション通りに返済していきたまに大きく返済出来たときです。
その時はボーナスや臨時収入があったときには必ずその月には普段の倍以上の返済をしていました。
毎月の返済は一万円の返済なら一年で十二万円、しかし年に数回の上乗せで十五万円程実際に返済していけていました。
これもしっかり毎月の返済額を決めてシミュレーションした結果により結果三年かかる予定が二年で完済出来ました。

ローンの審査前に知っておくこと

数枚のカードカードローンやキャッシングは各社様々なプランやお得な情報があると思います。
ですが、まず第一にお金を借りれるかどうかです。
どんなに良いプランがあったとしても、借りれなければ話になりません。
無職や主婦、学生でも大丈夫かなど確認が必要になります。
他社に借り入れがあったり、何社か申し込んで断られたばかりだと借りられる確率は低くなります。
そして、審査に落ちた6ヵ月は申込履歴も残るので、頻繁に申し込みをするのは少し避けた方が良いと思います。

借りる側としては、金利が低いのに越したことは無いです。
会社によっては1ヶ月間、金利無料や1年以内に返済できるなら金利を優遇するとか、様々なプランがあります。ですがそればかりにこだわってしまうと、借り入れに失敗してしまうこともありますので、気を付けた方が良いと思います。
審査も会社によって変わってきますが、金融会社名を言わず匿名で勤務先に連絡してくるところもあります。
ですから、勤務先にかかってきても大丈夫な職場かどうか、調べておいた方が良いと思います。

借り入れは比較的簡単にできますが、きちんと計画性を持って返済していかないと大変なことになります。
無理ない範囲で借りていく事は絶対に守るべき部分で、決して月々の支払のための借り入れはするべきではありません。
そこから、抜け出すのに想像以上の時間がかかってしまいます。

安易に返済を遅らせるのは危険

お金と砂時計昨今カードローンやキャッシングはいざという時には、とても便利でスマホやパソコンからでも簡単に申込みが出来る時代になりましたが、様々な事情で返済できなくなる事もしばしば有るかと思います。
でも安易に返済を遅らせていくことは、後々自分に不利になるので注意が必要です。
返済計画をしっかり立てて延滞なく返済すればクレジットヒストリー(返済履歴)もキレイなままで、ブラックリスト(延滞歴・事故歴)に載る事もありません。
なので今後のローンやキャッシングにも有利に働きます。

どうして有利に働くかと言うと答えは単純。
貸した側が、この人は返済の滞りもなく信用できる人だと判断するからです。
信用もつくとキャッシング枠の増額に限らず車や家のローンの申し込みの際にも審査に通り易くなる傾向が有ります。
急にお金が必要になった時にローンやキャッシングを利用すると思いますが、安易な考え方だと延滞する恐れもあります。

今後の自分の人生のもっと重要な場面でお金を用意したい時に、影響が出てしまうことも考慮してカードローンやキャッシングを利用ることは大切です。
あくまでも自分自身のお金ではなく借入したお金である事を忘れない心構えが一番大事だと思います。

借りられるうちは気づかない

たくさんのカードカードローンを利用して体験した辛いことはたくさんあります。
はじめの頃は借り入れもなくどんどん借りられたので「お金を簡単に借りられる」と思い込んでいたのが間違いでした。
少しお金が無くなれば「また借りたらいいや」と簡単に借りられることをいいことに後先考えずにどんどん借り入れを増やしていきました。
もちろん借り入れが増えれば総量規制にもひっかかってくるので、普通に新しく申し込んだカードローンの審査が通らないことが増えてきました。
返済も厳しくなってきてようやく自分が今までやってきた重大なことに気づいたのです。

しかしその気づいた時には既に遅く大変な借入額になっていました。
どうしようと思っても毎月返済日は必ずやってきますし、返済するためにまた新たにカードローンを利用して借りるという自転車操業をしていました。
こんな自業自得のことなので誰にも悩みを言うことが出来ずにいました。

あるとき悩みの相談ダイヤルというのが目に止まって思いきって電話してみました。
電話の応対してくれたスタッフの方が丁寧にアドバイスをしてくれて、今までの自分がやってきたことを全て分かっているかのような話し方でした。
私もこれをきっかけに改心し、少しずつですが毎月コツコツ返済をしています。

カードローンやキャッシングの比較

羽が生えたお金私は、カードローンを7社、クレジットカードのキャッシングを2社使ったことがあります。
この経験を元に、カードローンやキャッシングを選ぶポイントを解説します。

1.金利
やはり返済する上で重要となるのが金利です。
借金は複利で金利がのしかかってくるので、返済する利息を少しでも減らすには金利に注目する必要があるのは当然です。
私の経験上、銀行系と消費者金融系とでは、銀行系のカードローンの方が金利は低いです。
金利は、◯%~△%と幅を持たせて記載してあることがほとんどで、借入(上限)金額によって変わる場合が多いです。
借りる金額が少ないほど金利は高く、大金を借りるほど金利は小さくなる傾向にあります。
たとえホームページに記載してある下限の金利が低かったとしても、自分の借入希望額での金利が高ければ、比較した意味がありませんので、自分の借入希望額や条件と照らし合わせて、金利を比較する必要があります。

2.借入までのスピード
資金が入用の方にとって、金利よりも重要になり得るのがスピードです。
本日中に資金が必要な方が、3日後にしか借入(融資)できない会社を選んでは意味がありません。
したがって、借入までのスピードも重要な要素となります。
その点でいえば大手の消費者金融は即日借入が可能な会社が多いです。
銀行系のカードローンやクレジットカードのキャッシング等は審査や口座の都合上、即日借入できないところの方が多いのでご注意ください。
即日とうたっているところでも、その銀行の口座があるなどの条件が全て揃った上でという場合が多いのも注意点です。
大手の消費者金融だったら早くて1時間ぐらいで融資してくれることも普通にありますし、繁華街だけでなく郊外にも契約機が設置してあるのは心強いです。

3.返済方法と返済金額
返済方法も様々です。
月に1度、決まった日に引き落としされるもの、決まった日に振込するもの、決まった日はあるものの、その期限までに振込すれば、いつ返済しても構わないものなど多種多様です。
また、返済金額も借入(上限)金額によって異なり、元利均等返済なのか元金均等返済なのか、リボルビング方式なのかによっても返済金額や期間が変わってくることがあります。

カードローンやキャッシングはよく比較して選ぶことは重要ですが、個々人の状況によって、どの会社がベストかは異なります。
しっかりと考えた上で、契約する必要がありますが、初めて利用しようと思っている方にとって、どこか1つを選ぶのは難しいと思いますので、参考となるホームページをご紹介しておきます。

参考比較情報>>カードローンのお得度No1は?

ランキングの選考基準が「金利負担の少なさ」「即日融資のスピード感」「審査のハードル」「返済のしやすさ」を元にしているので、より多くの人のニーズに合うカードローン業者が探せるはずです。

目的ごとの利息が合理的に設定されているものがよいです

黒板に書かれた数学問題色々な目的でローンが必要になります。

娯楽や物の購入などの我慢できるものについては生活に必ずしも必要ということでないので利息はある程度高い方が、安易に借りる気持ちを抑えられるのではないかと思います。
しかし教育・住宅など生活するうえで必要なものについては、高い教育を経ることで子供が将来高収入の職につけたり、あこがれのマイホームのためという、はっきりした目標があります。
そのため「借金をしてでも投資と考えて、長期間に渡ってでも将来きちんと返す」との選択になるため、利息を低くして借りやすくなっていることが重要と考えています。

従って私はこのような目的の場合、銀行系のカードローンを中心に見て探すことにしています。
その他の場合、私はカードローンやキャッシングをしないよう、できる限りキャッシング機能を付けないもしくは低額に設定するようにしています。

とはいえ生活の中で急に迫られて必要になることがあるかもしれません。
その時の最後の手段としてカードローンを使うことも選択肢となるわけですが、この場合は「○○日間以内無利息」という種類のローンを選ぶつもりです。

借りるということは必ず返さなければならないということ。
カードローン会社にとって私は家族でもなんでもないただの他人です。
利息もなしに他人が「ある程度の期間内に返せるならば利息は取らない」というのは非常にありがたいことではないかと考えるからです。

そしてこのように返済期限の縛りがはっきりしていれば、なんとしてでもその期間内に返済しようという気持ちになると考えています。

信販系ローンと銀行系ローンの組み合わせ

雨漏りする家私の住む家のリビングとキッチンまわりをリフォームしました。
私は一人暮らしで配偶者なしなので、年収は一般家庭よりかなり少ないです。
最初は、お金を貯めてからリフォームしようと思ってましたが、数年過ぎましたが全然たまりません。
このままでは、きっと無理かな?と思ってました。

そんな時ふと…リフォームローンというものがあるではないか…これを利用すれば何とかなるかも?と思いました。
それから、すぐに行動です。
リフォームの会社に連絡してすぐ家にきてもらって見積もりをしてもらいました。

しかし、わたしの予想を超えて超高い金額を提示されてびっくり。
でもこれ以上リフォームを遅らせることも心配だったので、仕方がないので信販関係でローンを申し込みました。
しかし、なんと全額で契約することができないとのこと…。

なぜかは教えてくれませんが、いろいろと調べてみたところ、たぶん収入の総量規制対象ということで年収の1/3しか契約できないという規約に引っかかってしまったのだと思います。

でもどうしてもあとすこしお金が必要でした。
そこで、総量規制が関係ない銀行系カードローンも合わせて申し込んでみたところ、不安でしたが大丈夫でした。
おかげでわたしはなんとかリフォームを終えることができました。
銀行系ローンは、金利がかなりお安く設定されてるので、おすすめだと思います。

ゼミ、実習、教材費、部費、遠征費でカードローン

グローブの中に入ったボール私はカードローンを利用限度額内で何かと利用しています。
私の場合は毎年ですが、春頃になると固定資産税、自動車税2台分、大学の授業料、高校の教材費・部費、車の車検がある年は車検代等、支払いが一気に押し寄せてきます。

支払い額が数十万から100万円近いときもあり、はっきりいってかなりキツイです。
今は特に大学2年生と高校1年生の子供がいて、大学ではゼミやら実習等お金がかかり、また高校は進学校で、さらにお金のかかる野球部に入っていますので教材費、部費・遠征費と笑うしかないくらいお金がかかります。

毎月少しずつ貯めてはいますが、間に合うわけは無く、不足分はカードローンの枠内から借入しています。
今は一番お金がかかる教育費がかなり負担になっていますが、子供達の為だと思い頑張っています。

カードローンは限度額を決めて、その範囲内でいつでも、何処でも引き出しできるし、返済もできる。
さらに、スマホやパソコンから24時間対応可能なのが非常に便利です。
また急な出費にもすぐ対応できるのですごく助かっています。

子供達が独り立ちするのももう少し先なので、今後もカードローン様にはたいへんお世話になると思います。
ただ便利に甘えて借りすぎないよう、きちんと計画を立てて利用しないといけないですね。

金利で選ぶなら消費者金融系よりも銀行系カードローン!

カードの入った財布カードローンと一言でまとめても、銀行系や消費者金融系そしてキャッシング枠ありのクレジットカードがあります。
やはり、多くの方が選ぶポイントとしては金利の低いものです。かつて金利が問題となり、出資法と利息制限法の金利差で生じたグレーゾーン金利がありましたが、グレーゾーン以外にも利息が増える原因は存在します。
そのため、カードローンを契約するのであれば、先ず第1のポイントして金利が利息制限法の最低金利15%以下がになるローンサービスを選ぶことになります。

第2のポイントとしては、公式ホームページなどで掲載する利息シミュレーションを活用することが良いです。
基本的には元本スライド方式を謳っているものの、元本が減っているのにも関わらず毎月の利息が同じである場合があります。
金利だけを注目していると意外にこのポイントを見落とすこととなり、将来的に発生する過払い金が多くなります。

そのため、過払い金を如何に生じさせない、または少なくするかは契約前の調査が重要となります。
さて、カードローンは実際のところ、銀行系よりも消費者金融系の方が多いです。
消費者金融はあくまで営利団体なので銀行系カードローンよりも金利が高くなっています。
銀行の場合、資産運用や企業の預入金や契約者貯蓄を運用し、利益の確保と分配を行っているため、金利を低く出来ます。

しかし、銀行系の場合は審査に時間が掛かるなどのデメリットがありますが、今ではインターネットを利用したサービスがあります。
銀行法が適用されている銀行は金利も比較的低く、貸金業法が適用されないため融資金額も高くなる可能性があるので、迷っている方はインターネットで契約することをオススメします。