会社によって違う年利や利率

クレジットカードカードローンやキャッシングの会社を選ぶ際のポイントとなります。
まず会社によって年利や利率が若干違うということは頭に入れておく必要があります。
そして借り入れできる額がどれくらいあるのかというのは、気になるところだと思います。

借り入れできる額というのは、本人の借入可能額として一般的に年収の1/3までの額が総量規制法という法律で定められているのです。
例えば年収600万円の人がカードローンやキャッシングで借り入れをしようとすると約200万円の借入可能額があるということです。
あくまで目安ですので必ず200万円しか借りられないというわけではありません。

そしてこの総量規制法というものが会社によって対象となるものかそうでないかと分かれます。
総量規制法の対象となるのが消費者金融のカードローンです。
レイクやアイフル、アコムなどです。逆に総量規制法の対象外となるものが銀行のカードローンです。
三井住友銀行、みずほ銀行など銀行と名のつくカードローンはだいたい総量規制法対象外となります。

銀行カードローンは資金面が大きいこともあり借入可能額が消費者金融カードローンに比べてはるかに大きいので借り入れの際にはひとつ検討しても良いと思います。
しかし総量規制対象外だからといって必ず多く借り入れが出来るという保証はありません。