土俵際のキャッシングの苦悶の姿。

破産に怯える男性私は、正直なとろ多重債務者です。
そこへ持ってきて統合失調症と躁うつ病・高血圧・糖尿病・胃潰瘍を煩い全く仕事に就けない状態でした。
医師からも外部での仕事は無理といわれ細々と在宅ワークと太陽光事業・不動産事業で生活を何とかやってきました。

しかし、5年ほど前から先述の精神疾患と糖尿を患ってから医師から余命6ヶ月と幾度も宣告され自傷行為も200回以上繰り返していたそうです。
というのも私の場合の精神疾患はそのような行為をしても自分では気付いていないことが多く全く覚えていないことが多いからです。
そんなわけでローン関係は25万円と収入関係は経費や支払を差し引いて月々20万円程度の大赤字です。
必死に簡単に貸してくれる銀行を探しまくり結局のところは先述の2社かのキャッシングで生活はしていました。

しかし、ローンの支払いも滞納が数ヶ月も続くと自宅マンションといえども立ち退きをせまられました。
最終的に自宅のマンションは司法書士や弁護士と相談し任意売却することにきまり、太陽光発電の一部も業者に売却することにしました。
また、私は精神疾患を持っているため辛うじて障害厚生年金を申請しているところです。
この間法律事務所にもいきました。

そして相談すると、弁護士やその事務所の司法書士から自己破産するか死ぬかどちらかを選択しない限りこの問題の解決は無理だといわれました。
もうノイローゼになり自分が自分でなくなりキャッシングや趣味へと散財を繰り返し毎日死ぬことを辛うじて精神科の薬で阻止するのが精一杯のところで生きております。