カードローンやキャッシングの比較

羽が生えたお金私は、カードローンを7社、クレジットカードのキャッシングを2社使ったことがあります。
この経験を元に、カードローンやキャッシングを選ぶポイントを解説します。

1.金利
やはり返済する上で重要となるのが金利です。
借金は複利で金利がのしかかってくるので、返済する利息を少しでも減らすには金利に注目する必要があるのは当然です。
私の経験上、銀行系と消費者金融系とでは、銀行系のカードローンの方が金利は低いです。
金利は、◯%~△%と幅を持たせて記載してあることがほとんどで、借入(上限)金額によって変わる場合が多いです。
借りる金額が少ないほど金利は高く、大金を借りるほど金利は小さくなる傾向にあります。
たとえホームページに記載してある下限の金利が低かったとしても、自分の借入希望額での金利が高ければ、比較した意味がありませんので、自分の借入希望額や条件と照らし合わせて、金利を比較する必要があります。

2.借入までのスピード
資金が入用の方にとって、金利よりも重要になり得るのがスピードです。
本日中に資金が必要な方が、3日後にしか借入(融資)できない会社を選んでは意味がありません。
したがって、借入までのスピードも重要な要素となります。
その点でいえば大手の消費者金融は即日借入が可能な会社が多いです。
銀行系のカードローンやクレジットカードのキャッシング等は審査や口座の都合上、即日借入できないところの方が多いのでご注意ください。
即日とうたっているところでも、その銀行の口座があるなどの条件が全て揃った上でという場合が多いのも注意点です。
大手の消費者金融だったら早くて1時間ぐらいで融資してくれることも普通にありますし、繁華街だけでなく郊外にも契約機が設置してあるのは心強いです。

3.返済方法と返済金額
返済方法も様々です。
月に1度、決まった日に引き落としされるもの、決まった日に振込するもの、決まった日はあるものの、その期限までに振込すれば、いつ返済しても構わないものなど多種多様です。
また、返済金額も借入(上限)金額によって異なり、元利均等返済なのか元金均等返済なのか、リボルビング方式なのかによっても返済金額や期間が変わってくることがあります。

カードローンやキャッシングはよく比較して選ぶことは重要ですが、個々人の状況によって、どの会社がベストかは異なります。
しっかりと考えた上で、契約する必要がありますが、初めて利用しようと思っている方にとって、どこか1つを選ぶのは難しいと思いますので、参考となるホームページをご紹介しておきます。

参考比較情報>>カードローンのお得度No1は?

ランキングの選考基準が「金利負担の少なさ」「即日融資のスピード感」「審査のハードル」「返済のしやすさ」を元にしているので、より多くの人のニーズに合うカードローン業者が探せるはずです。